エレベーター詩

とあるビルの、小さなエレベーター。
四人も乗れば いっぱいになるその箱の中で、隔月替わりの「詩」を連載します。

詩人の名前は 村田仁。このビルの四階で 詩の教室を開いたり、まちなかで詩を読んだりと、活動をしています。
エレベーター詩は様々な姿をみせます。

本サイトでは、エレベーター詩の記録と、最新の状態を少しだけお見せしていきます。

どうぞ、実際にもお越しいただき、エレベーター詩を昇り降りください。

更新日: 2016年6月30日